「 補遺 II 〜 どこでもいいわ 」 「 補遺 III 〜 どこへ行くの 」

Category : 現代美術シッタカぶり
P1260027.jpg

2017.01.14〜01.29【 GALLERYRELLAG 】
2017.01.24〜02.05【 ART SPACE NIJI 】

作家は一体、いつ、どのような状況、どのような心境で、現役を辞めるのか。
小名木さんという御歳85になられる、
その筋では御大と称される方が今なお、こうした大作をつくり示されることに、
ただただ感服と尊敬と、絵画にも彫刻とも異なる時間の幅、厚み、濃密さを感じます。
どこにでもある荷造りロープを、自作の織機で5年
(構想からだったらもっと前)をかけて2体(高さ2.4m)の新作を発表しました。
この作品は大きさもさることながら
重さについても会場を選びますし、
何よりも重なれば弾力が生じる素材を高密度で造形する難しさは、
織りについてご存知の方は一様にわかりますし、驚かれます。
そしてこういう作品をそういう年齢の方が
(2008年で織りの制作を一旦辞めたつもり)
現にこうして発表されるという“機会”を再び自らが作り出す精力・活力を、
もっと若い人たちに見て、知ってほしいとギャラリストも仰ってました。
あなたたちならもっと早く完成させるかも知れない。
しかし肝は「5年」という年月をどの目盛り、
物差しで考えられるかということ。
小名木さんにとっての5年は一体いかほどの尺度であるのか…
若輩者である僕などには知る由もありませんが、
潜む創作力はヤケドするほどに熱いのかも知れません。
自戒を込めて、ですが、全てのクリエイターが察すべき「制作哲学」がここにあると、
シッタカぶりながら感じました。
画像はヴィーナス(ギャラリーギャラリー)と
ダンテ(アートスペース虹)の混在です。

P1260028_201701302218327f5.jpg

P1260029_201701302218316e2.jpg

P1260030_201701302218305ac.jpg

P1290002.jpg

P1290003.jpg

P1290004.jpg

P1290005.jpg

P1290006.jpg

P1290009.jpg
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!