「 京都府 新鋭選抜展 2017 」受賞者作品

Category : 現代美術シッタカぶり
2017.01.28〜02.12【 京都文化博物館 3F 】

先のレビューは自分の勝手なコメントばかりでしたので、
改めて作家さんと作品について。

最優秀賞の戸田香織さんは2012年の卒制作品「氷柱群図」
(木曽御岳山麓の氷壁)を見て
「こういうのを描き切る体力と気力に感服」なんてコメントを
ブログでアップしてました。気迫、です。
やはり「卒制で魅力的な作品作るひとは、出てきます」ですね。

優秀賞の宮田彩加さんは昨年末のPARCの個展でお話しさせていただき
「来年のグループ展の制作、ちょっとアセってます。
会場が会場なんでちょっと変わったアプローチしようと思ってます」と。
作品を見て「宮田さん、やるなぁ」とつくづく、
この方の「発露を構築する力」に感心してます。ホントスゴいです。

アンスティチュ・フランセ関西賞の杉本奈奈重さんは
シンプルで楚々とした作風ながら、説得力のある、
日本的な精神性の深いところにある「礼」やそのカタチを
見事に丁寧に作品化されています。
個展でもいろいろとお話ししましたね。
こういう作品が受賞するということに意義を感じます。

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川国際交流賞の今尾拓真さんは
立体作品でなくて映像作品が受賞したことに拍手を贈りたい気持ちです。
これは相当な強みになります。
手法そのものをかえって新鮮に見せる明快な主旨と
この方の作品に潜むユーモアのセンスを強く感じます。
アトリエでの展覧会でも温かな人柄が伺えました。

皆様本当に受賞おめでとうございます!











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!