「 中村 潤 展 〜 めいめいの重なり 」

Category : 現代美術シッタカぶり
N1_20170220090707bcf.jpg

2017.02.07〜02.12【 Art Space NIJI 】

よく「今見ている光景やモノの危うさ」といったテーマで創作された
作品を観ることがありますが、
中村さんの2年がかりで制作したというツンツンな作品
(こういう例えが素人臭いんですが)を目の当たりにすると、
まず己の網膜への反応そのものに首をかしげてしまいます。
おそらく画像をごらんになった方もアップされたその表情に、
デジタル加工されたマテリアルを感じると思います。
これは余り糸を縒って縫ったものですが、ベースが無いんですね。
つまり糸そのものに糸を縫い付けていって点から面へ構成させているわけです。
よくよく近づいて見てもまるで実感がない、というよりもダマされている感じすらします。
中村さんは彫刻出身です。
テキスタイルを前提として造形しているわけではないので、
素材にもっていかれない強さのような、決意の強さを作品に感じます。
でも作品自体はとてもチャーミングです。
からまる、むすぶ、ほぐれる、つなぎあう、かさなる、つめていく、くみあげる…
柔らかな造形衝動によって構成された、
やはり彫刻作品と言えます。
実物見たらホンマ、ビックリです。

N2_201702200907063dd.jpg

N3_2017022009070517b.jpg

N4_20170220090704966.jpg

N5_20170220090704a2f.jpg

N6_201702200907327f6.jpg

N7_20170220090732e8e.jpg

























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!