「 INTERIM SHOW 2017 ~ 博士課程作品展 」①金 基煥( Kim Kihwan )

Category : 現代美術シッタカぶり
k1_20170220091432835.jpg

2017.02.08~02.12【 京都市立芸術大学 新研究棟 】

藁の舟。しっかりと巻かれた白布。
天井からのテンションが掛かる撚った黒布。
そして舟から地面に赤い珊瑚のような赤い菌糸。

染織領域である金さんは韓国の葬礼の設えをなぞらえたものと説明してくれました。
黒い布は彼岸へ連れていこうとするベクトル、
そして地に這う糸は「まだあの世へは行きたくない」という未練と執着。
白布の巻き方は死者の全身を固く縛って悪霊から守るそのままだそうです。
韓国という隣国の未知な部分はそのまま(どちらかとは言いませんが)
或る種の互いの不寛容さがゆえに無関心と不勉強を生み、
そもそもの島国と地続きの地理的相違
(勿論、歴史認識という永遠のトンネルも含めて)からということもできますし、
それ以前の問題かも知れません。
廊下の作品は子どもの出産の折に金さん自身が切ったへその緒に由来した作品です。
死を生をめぐる普遍性
(それは東洋あるいはアジア的とか宗教性、民族性だとかを越えた)を
強く感じた作品でした。

k2_20170220091431c2a.jpg

k3_2017022009143185c.jpg

k4_20170220091429a4a.jpg

k5_20170220091429f8a.jpg
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!