「 京都精華大学 卒業・修了制作展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
s1_20170220100532e6d.jpg

2017.02.15~02.19【 京都市美術館 1・2F 】

よくあるザクッとした学生臭さというものを
ことさらにどうのこうのと言うわけではありません、
かといって精華が特別に洗練されていると書いたら、
おそらくは異論が出るでしょう。
ただ、作品個々の評価や印象といったものを横に置いとくとかではなく
「展示する」と「見せていく」ということの気合いの差、
いわゆるディレクションについて考えました。

卒展というのは卒業生の集大成であると共に、
自分が入学したいと考えている高校生たちの断定や決意を危うく誘い
「憧れと実物」という(高校生なりの)検証の場でもあると思います。
そして人は雰囲気に溺れやすいのです。
ここはひとつプレゼンと考えて学生たちが試行錯誤しながら
(例えば禁止事項の多い美術館で代替できる素材を探したり)
練りに練った形跡が見てとれます。
だから皆さんも雰囲気で見て下さい。
特にデザイン学部のイラストは
パーティーションでしっかりと各自の世界観をパッケージングしながら
キチンと誘導した上で「何かオモロいもん見たね」という読後感を味わわせてくれます。
印象としては、点として個人の作品を前面に出したというよりも、
面として会場の印象をハイテンションに保つような、
そして良い塩梅な演出も含めた設えでした。

s2-1.jpg

s2-3.jpg

s2-4.jpg

s3_20170220100529477.jpg

s4_20170220100626fe2.jpg

s5_20170220100625c6f.jpg

s6_20170220100624636.jpg

s7_20170220100624951.jpg

s8_201702201006237eb.jpg

s9_201702201007097bd.jpg

s10_20170220100708d52.jpg

s11_20170220100707827.jpg

s12_2017022010070625d.jpg

s13_20170220100706bff.jpg




























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!