「 京都精華大学 卒業制作展 〜 版画コース 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2017.02.15〜02.19【 京都市美術館 】

精華の卒展のお楽しみは何と言っても版画コース。
僕は版画について(まぁ、のみならず、なんですがね笑)めっぽう知識が薄っぺらですが、
そんな僕でも版画独特の「間接性」ということにとても惹かれるんですね。
一発ガチンコでありながらも段取りというか手立てが
それぞれの手法によってまちまちで、
主題と手法と出来映えという三位一体の面白さ、難しさが
実はそのまま版画の魅力に繋がっているんですね。
精華大学の展示に発信側の或る種のホスピタリティを感じるのは
僕だけではないと思いますが、ことに版画コースは如実です。
小さな冊子「版画の手帖」はどこでも気軽に開けて読めて、
僕のような門外漢には、なるほど本です。
毎年こういうツールを作るのも大変かと思います。
版画という、小学生の工作から始まっている表現なのに
(精華の場合は写真も含めてですが)レンジが広過ぎて、
あまりに知らなさ過ぎる世界でもあるんじゃないか、と。
今回も力作が揃っています。
多彩多様な表現に目移りしました。

H1_20170220164322471.jpg

H2_20170220164321156.jpg

H3_201702201643207e7.jpg

H4_20170220164319dfc.jpg

H5_20170220164318b7c.jpg

H6_20170220164416088.jpg

H7_2017022016441555d.jpg

H8_20170220164414c68.jpg

H9_20170220164413eba.jpg

H10_2017022016441296f.jpg

H11_201702201645004d0.jpg

H12_20170220164459a8b.jpg

H13_20170220164458a42.jpg

H14_20170220164457242.jpg

H15_20170220164456bde.jpg

H16.jpg





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!