「 吉田 桃子 ~ Scene UKH ver.2 」

Category : 現代美術シッタカぶり
y4_20170221110511d8d.jpg

2017.02.08~02.19【 波さがしってから 】

音楽 PV 高揚感 人形 マケット ノイズ 自分以外の二つの視点 
再構築 個人的空想 隔離 装置…

「現実逃避の刹那から生まれる動的イメージの再発見」と題するステートメントは
作品を絵画として成立させるまで、あるいは観客へのアプローチ、理由、
手立て、効果、試み、そして作家の希望的観測も含めて、
実に丁寧に書かれています。
吉田さんが「アートアワードトーキョー丸の内2016」の
三菱地所賞受賞された頃にこのアートギャラリーがオープンしたようで、
ここは通常の貸しギャラリーでもアトリエでもなく、
作家自身が運営するスペースと聞きました。

吉田さんの手法は好きな音楽を聞いて想像する動くイメージを絵に再現し、
その絵を見る人と作家が感じた高揚感を共有するという一見シンプルな流れですが、
実はまずマケットを使い動画を撮るなど、とんでもなく手の込んだ工程を経ています。
初めて見た卒制の作品に、かなりぶっ飛んだ記憶は強烈にインプットされてます。
グルーヴをしっかり捉えるチューナーを持っているひとですね。
方法論としてよりも直感的に身についた手法だと。
それにしても作品はデカいのです。
木枠には張らずに画布そのままです。
垂れた絵具は色見本であり、絵の構成上の要素として重要な役割を果たしています。
自然光がふんだんに入るスペースならではの陰影も効果的に取り込まれた展示です。
愉しみがまたひとつ増えました。

y1_20170221110515027.jpg

y2_20170221110514ba5.jpg

y3_20170221110513392.jpg

y5_20170221110511b5b.jpg

y6_2017022111063948b.jpg

y7_20170221110638578.jpg

y8_20170221110637b72.jpg

y9_20170221110636c30.jpg

y10_201702211106351f6.jpg


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!