「 入江 俊平 展 〜 苔むす森 」

Category : 現代美術シッタカぶり
い1

2017.02.14〜02.19【 ギャラリー恵風 2F 】

ギャラリーオーナーの切なるラブコールに応えての初個展です。
僕は未だ屋久島に行ったことがありません。
屋久島はやはり作家の心を捕らえて離さない素晴らしいシチュエーションなんでしょう。

樹木のフォルムと野生感というものを筆致に込めていく画風というよりは、
入江さんの絵は、ただもう、むせるような、
文字通り苔むした湿度が支持体から漂ってきそうで、
微生物の蠢きも聞こえてきそうなほどに濃密です。
色のトーンも独特で、大げさなコントラストをつけずに、
やはり森の空気感をまず大切に描かれているように感じます。
薄い霧が立ちこめているような、背中を一筋の汗がツーッと流れていくような、
対象の手前にある微かに見えるバリア=皮膚感覚のようなもの、です。
絵の位置がやや下方に。
そしてサイズに関係なく絵の横中央を面合わせにしているような展示。
これは小学校の教師をされている入江さんの、
教え子たちの目線に合わせたもののようです。なるほど。

い2

い3

い4

い5

い6

い7



























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!