「 京都市美術館リサーチ・プログラム ~ 今必要なホワイトキューブ・美術館への無理な注文 」①

Category : 現代美術シッタカぶり
京セラ1

2017.02.25【 京都芸術センター 大広間 】

コーディネーター:小崎 哲哉(アートジャーナリスト)
コメンテーター:宮永 愛子/やなぎ みわ/ヤノベ ケンジ(現代美術家)
青木 淳(建築家・京都市美術館再整備 基本設計者)
潮江 宏三(京都市美術館館長)

2時間を大幅に越える、結果的には京都市美術館再整備についての説明会みたいなものでした。
館長の今後のかなり大雑把な希望的観測と
建築家のコンセプトに終始。
最後の方で、結局皆さんが聞きたいネーミングライツについて、
口火を切ったのはなんとヤノベさんでした。
「ええ美術館ゆうのはわかりますが、僕はなんというか、
京セラってつくのが、なんや残念です」
「裏にできる現代美術館だけ京セラの名前でいいんちゃいますか」
(ここで参加者より拍手)
そして、最後の頃になって、ここで出したろかという感じでスケッチを取り出し
「まず屋根に京セラのソーラーパネルのピラミッド作って、
その前に僕の守り神である阿吽の狛犬っちゅうのはどうです? 
美術館の電源を全て太陽光でまかなう、
しかも災害時にも役立つ、どうです!」と一発、大きな拍手と笑い。
こういう大らかさっていいですねぇ。
その前にも「動物園の動物を美術館に連れてきて、
ロダンを動物園の檻の中に入れてみる、とか、オモロいでしょ!」
これも大ウケ。
会場にはギャラリーオーナーも何人か来られてまして、
それぞれに、僕のような部外者にはわからない
これからの美術館運営についての杞憂とか懸念というものがあるでしょう。つづく…




























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!