「 作品を うむ家 〜 iee open studio 2017 」 ①

Category : 現代美術シッタカぶり
2017.02.25・26【 アトリエ家一(iee) 】
江頭 明音/冨永大士/中川潤

紫野のとある路地。突き当たりにあるのはお地蔵さん。
ご近所の方々がふらりと遊びに来られて、
かつての町家そのままの設えに懐かしがっている光景は、
緩く流れていった時間とすでに無き物たちへの郷愁を、
当時まだ嫁入りして若かったであろう彼女たちの目の奥に感じます。
5人の作家たちの、そんな制作現場を訪ねてみました。
江頭さんは油画ですが一見してかなりマイルドな作風です。
しかしテーマはアブノーマルな部分をいかに肯定的に支持体に反映させるかという、
これからの展開が楽しみな作家さん。
冨永三は自らのアクセサリーブランド展開もされている多才な方。
地と空の間に居る=在る人間の姿をアイコン的にシンボライズされた作品が特徴的です。
エッジ感、いいです。
中川さんの、日々通り過ぎる人々をスケッチし最小限の線で動きと重なり、
時間のズレを描き溜めたドローイング帳を見て感心しました。
スピード感と画材の相性の良さとデッサン力を強く感じました。

画像はそれぞれ3点ずつ。

い1

い2

い3

い4

い5い6

い7い8

い9
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!