「 2016年度 京都造形芸術大学 大学院 修了展 」前編

Category : 現代美術シッタカぶり
2017.02.25~03.05【 京都造形芸術大学 】

好きな絵を描いて、人生のうち7年間。
中高含めたらさらに。
みんなここからどこへ行くんだろ。
僕の嫉妬はきっと、そういう時間、粘っこくて、しつこくて、辛い、
そういう経験そのものへの、
貴重な体験を精神的に未遂のままに収束させてしまった自身への
面当てなのかも知れないな、と。

シャッターを切った13の作品たちの前編7作。
画像順に。コメントからの抜粋も。

「うそはっぴゃく」乾榮里子(九十九のニホンカワウソ)
「コトバノカワリ」濱谷綾菜(動物の発する存在圧)
「情景への憧憬」吉原拓弥(唯一無二の生命力)
「救済」北村友理(不安と閉塞感からの逃避)
「あおの島」木村友美(祖父母が暮らしていた島のあお)
「花譜色鳥」松村和子(自分自身を彩る草花や鳥のモチーフ)
「Stardust」(大衆的な美学のあり方、飾る精神)

P3030002.jpg

P3030004.jpg

P3030006.jpg

P3030008.jpg

P3030010.jpg

P3030012.jpg

P3030014.jpg
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!