「 淀スタジオ + studio HAIDENBAN 」②

Category : 現代美術シッタカぶり
◆加藤 穂月 ◆小宮 太郎 ◆水谷 昌人 ◆冨永 絢美
2017.02.25~26、3/4~5【 studio HAIDENBAN 】

レビュー第二弾は加藤さんから。
もうこの方は今、旬まっただ中の作家さんです。
一昨年、大学を卒業したばかりですが、その勢いはどこまでも、といった感じ。
すでに受賞歴も、です。
人のいるシチュエーションの、そのさばけた部分と憂う部分とが独特の気配を作っています。

加藤1

加藤2


小宮さんは昨年の「未来の途中」で知り、
つい先日の@KCUAでのグループ展でも拝見しました。
そのどれもが「空虚」をテーマにしたもので、
今や盲目的なネットでの結びつきの確信と、目視での危うさ=残像や鏡像=を
「虚実のないまぜ」として表しています。
どこか空っぽのアイテム…。

小宮1

小宮2

水谷さんは昨年の「通り抜けフープ」が所見でした。
「アートアワードトーキョー丸の内」での受賞作品と同じコンセプトのものですが、
油画の出自である水谷さんの画材の扱い方、表象は中々に大胆で、
やや不穏な、しかし表情豊かな「アクリル注入!」な半立体作品。
ベーコンがお好きなんですね。

水谷1

水谷2

冨永さんは昨年の「UNKNOWN ASIA」で見させていただきました。
とてもデザイン性の高い作品で、
印刷物も絶妙に施されていて結構、
ぎりぎり引き算な巧妙な構成になっていると思います。
しかも感のままに完成した作品なんですね。
スタイリッシュな居間によく似合いそうです。

富永1

富永2






























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!