「 T/IT:不寛容について 」

Category : パフォーマンス見聞
不寛容

2017.03.10~03.12【 京都芸術センター 講堂 】

Monochrome Circus+Kinsei R&D
出演:田中遊 (正直者の会)/長良将史
森裕子/合田有紀/野村香子/小倉笑
演出:坂本公成 ・藤本隆行

【許し】と【赦し】、この言葉のそれぞれの程度やその質、
使い道についてここで言うつもりはありませんが、
坂本さんと藤本さんがこの公演を作ろうと考えていた頃の不穏な世相から、
さらに異様とも思える状況が出来上がってしまった昨今、
寛容であることを或る種の道徳観のもとで学び、
性善説のもとで受け入れてきたことが音を立てて崩れていくような気になります。
ダンスだけでは表現しきれない、
この「人の機微」に重い意味を持つ「不寛容さ」は
田中遊さんを狂言回しのような(僕には神に見えましたが)役割に置いたことに
成功要因があると思っています。
インタビューでも言われていますが、
演技的なことはほぼ田中さんに任せたということにも
非常にタイトでソリッドな作用をもたらしたと思います。
会場を使い切る、といったダンスの演出は抑制されつつも制御不可能な動きを反映させ、
何よりも膨大な情報量で観客をこれでもかというほどに揺さぶります。
巧みに計算されコントロールされた映像・音楽と相乗するダンス、
そして、すっかり小倉笑さんに魅了されてしまった自分がいました。
強力なメンツが作った強烈なエンターテイメントは、
舞台が終了した瞬間から、じわじわと引き戻されていく現実感へのプロセス、
余韻を通じて「世界のありさま」を考える機会を
改めて与えてくれたのだと痛感するのです。











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!