「 Reading aloud ~ 川中 政宏 」

Category : 現代美術シッタカぶり
k1_201703300904030fc.jpg

2017.03.21~04.02【 Art Spot Krin 】

川中さんの創意の中にある「穏やかな視座」は、
作品化された後の余韻、
つまり鑑賞者にとってのタイムラグにあると思います。
どの作品も独特の優しさ、柔和さが感じられるんですね。
例えばトゥーランドットの楽譜作品は
連弾されるそれぞれの音を録音したテープの磁気部分を粉末にして
実際の音符に塗る、という作業としては実に明解なんですが
「想像される臨場感を持ち帰る」という感覚を与えます。
同じく朗読されたテキスト≒ページの文字に、
溶いた粉末を“置いて”いったものや、
読まれたページ分の断面を見せるオブジェ、
本そのものを「染料化した磁気」に浸けるという作品が登場します。
朗読時に揺れるページを見て、
自分の声が文章や本そのものに染み込んでいくというセンシティブな感覚は、
しかし誰もが共感するところであり、
昨今のテーマである「記録された音が媒介する想いとそれに伴う状況」の
数々の展開は
決して作品をメランコリックな風情にさせない、
静かな思惟に満ちたものに仕上げています。

k2_201703300904020b9.jpg

k3_201703300904018c0.jpg

k4_20170330090401792.jpg

k5_20170330090400b80.jpg

k6_2017033009044421a.jpg

k7_201703300904430b4.jpg

k8_20170330090443087.jpg

k9_20170330090442817.jpg

k10_201703300904412d7.jpg






























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!