「 存在 existence ~ 山本ようこ × たかはしなつき 」

Category : 現代美術シッタカぶり
【 Gallery View vol.1011 】

2017.03.14~03.26【 GALLERY ARTISLONG 】

ご自宅の改装でしばらくご無沙汰だったギャラリーでの二人展。
彫刻と日本画のマッチングです。
お二人とも同じアトリエでのデッサン教室の誼(よしみ)ということで、
やはり何というか会場は木々の造形と裸婦という「素の対象」に
とりたてて “加筆・加飾” しないという、
こわばらない、フラットな目線が良く反映されていた展示でした。
作品を見ていると山本さんが裸婦を“あえて対象” に描くということは、
勿論セオリーや教材としてのあり方を承知の上で尚、
モチーフとしての裸婦から学ぶべき
「画家としての普遍的」なスタンスの問題でもあるのかな、と。
そして“それ”を探っておわれるのかな。
たかはしさんは乾漆という方法を借りながら、
馴染み深い奈良県宇陀市室生深野という場所で9年間過ごされた環境の再現
(=使用された材料は全て室生産の木であること)を
彫刻を通じて図っておられるような気がします。
彫刻と日本画という異ジャンルが互いに気を放つのではなく、
双方の体温をまとわりつかせるように展示されているのが印象的でした。

P3170041.jpg

P3170042.jpg

P3170043.jpg

P3170044.jpg

P3170045JPG.jpg

P3170046.jpg

P3170047.jpg

P3170048.jpg

P3170049.jpg

P3170051.jpg

































スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!