Category : 現代美術シッタカぶり
s1_20170412195601d9c.jpg

「 現代・春画展 ~ 教・神・慰・表 」
2017.04.01~04.12【 JARFO 京都画廊 】

出展作家:麻谷 宏/井上 紗琳/菊地 ルイ/貴志 在介
小池 荘太/古屋 利幸/Shu konishi/中村 孝平
二階 武宏/橋本 六久/平賀 壯太/廣田 聡一郎
松尾 栄太郎/松谷 武判/森 浩毅/柳 海洋
マリオ・マンフレディーニ、ヤマゲン・イワオ

あの時は驚きました。
京都に巡回した春画展の予想を上回るその動員数。
果たして現代と冠のついた作品展示はどういった景色なのでしょうか。
「際どさ」「妖しさ」「危うさ」「艶やかさ」と浮かぶキーワードは数々あれど、
皆さん外連味(けれんみ)のない作風で愉しませていただきました。
勝手ながらも作家ご自身の世代感覚や
趣向、経験値(もしかしたらトラウマも…)を想像しながら。
中でも平賀 壯太氏は若いひとは腰が引けるであろう超直球表現で、
80代のなんというか人生4回周りほどの達観と無邪気さと
何よりも骨太で明解なエロティシズム、
美しき造形を生まれもって備えた女性礼賛、といった印象を受けとめました。
貴志さんのおなじみのCampbell'sのスープ缶も
実にこれでもか、というほど手が込んでいて、思わず1缶買いました笑。
画像を見てちょっと引ける方も勿論いらっしゃるでしょうが、
本来大らかなテーマであることと受けとめて、
この根源的な営みの果てにある歓喜なる世界へ、
ためらわずに足を運ぶというのも一興であると思います。
ぜひぜひ。

s2_20170412195600e7d.jpg

s3_2017041219555981a.jpg

s4_20170412195558170.jpg

s5_201704121955583e0.jpg

s6_20170412195651a42.jpg

s7_20170412195650c38.jpg

s8_2017041219565061b.jpg

s9_20170412195648244.jpg

s10_2017041219564824b.jpg

s11_20170412195807f6f.jpg

s12_20170412195806677.jpg

s13_201704121958054d9.jpg




























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!