Category : 現代美術シッタカぶり
H1_20170412200156f8a.jpg

H2_20170412200156660.jpg

H3_201704122001556c9.jpg


「 This isn't Happiness ~ 橋爪 彩 」
2017.03.11~04.08【 imura art gallery 】

「私の技術をもってすればマグリットが本当に見たかった風景を描き出せるのではないか」 

さて、2014年に「ノスタルジー&ファンタジー現代美術の想像力とその源泉」と銘打った
国立国際美術館での10組が出展する展覧会での橋爪さんの作品に、
大げさでなく腰を抜かしそうになったのは、記憶に新しいです。
それは絵を描く前段階でのシチュエーション・構成もさることながら、
もはや写真の持つ写実性とは異次元の表現性を備えた“絵”でした。
ここで面白い記述があったのでザクッとですが紹介。

2014年に王立マグリット美術館を訪れた橋爪さんが驚いたのは
マグリットの画家としての画力の低さでした。
(どうやらハイクオリティな作品は海外にあるらしい)
それを隠すかのような照明の暗さ!
ここまでヘタとは思ってなかった橋爪さんが
或る“おせっかい”を思いつくんですね。
それが冒頭のフレーズです。
つまりここに橋爪さんが橋爪さん足り得るもの=画家としての
自信、が集約されてるんですね。
会場にはマグリットやゴッホのなどの物故作家の有名作品を引用したものが展示されています。
何にせよこの“蠱惑的な”絵の前で
立ちすくむことに間違いはなさそうです。

驚愕の作品は → http://saihashizume.com/work/




























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!