「 Forest of gretel ~ Kanae Tsutsumi Tapestry Exhibition 」

Category : 現代美術シッタカぶり
t1_20170501093036f7a.jpg

2017.04.18~04.23【 同時代ギャラリー 】

作家である堤さんにとってはフェバリット以上のものかも知れない
「ヘンゼルとグレーテル」のお話は
テキスタイル作家としての
「いつの日か叶えたいモチーフ」でした。
大祖母は土葬だったという、或る作品のキャプション。
自分たちが生態系の一部だということを強く認識された事実そのものが、
現在の作家性に大きな影響を与えているようです。
粘菌類や森に潜む様々な生き物、植物に魅せられていく堤さんの織る物語は、
僕たちが読んできた「語り部からの視点」ではなく
妹グレーテルが見たであろう景色を作品にしたものです。
森を分け入って見えた魔女の住むお菓子の家ですね。
入った瞬間に照明の加減もありましたが、
舞台装置のように浮き上がって、
この大作の前でパフォーマンスをする光景が目に浮かびました。
「いつか展示空間を森にしたい」とおっしゃっていた堤さん、
また叶えたい仕事ができたこと、
作家の貪欲な夢はまだまだ続きます。

t2_20170501093035202.jpg

t3_20170501093034799.jpg

t4_20170501093034797.jpg

t5_20170501093033244.jpg

t6_20170501093118494.jpg

t7_20170501093117e05.jpg

t8_20170501093116cf4.jpg

t9_20170501093115ba8.jpg

t10_2017050109311409a.jpg





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!