「 廣田 美乃 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
f1_20170504112350b08.jpg

2017.04.18~04.30【 gallery morning 】

油画専攻なのに、油画は苦手と。
しかし良くしたもので油画だったらこの世界観は違っていたかも知れません。
油画すら描いたことのない僕が言うのもなんですが。
ただ近作の自由度の高さを見るにつけ、
そもそも油画の出自であるお母様の影響が
とても良い感じで反映されているような。
それはまるで壁紙のような極度にパターン化された
模様=書き割り=二次元的なモチーフが随所に見られ、
登場人物の掴み所のない面差しと相まって
とても装飾的な要素として構成されていると思うのです。
そして登場人物に言える共通項として“芯の強さ”を感じるんですね。
無音の世界に居るような、
そして強烈にイノセントな印象に見えながらその実、
マンガで言えば吹き出しの突端が尖りではなく、
ポツポツとした丸いアレ、ココロの声ですな、アレです。
廣田さんの絵の中に
一種のサイレント・マジョリティを見てしまうのは僕だけでしょうか。

f2_2017050411234960d.jpg

f3_20170504112348596.jpg

f4_201705041123472f8.jpg

f5_201705041123465aa.jpg

f6_201705041124303be.jpg

f7_201705041124295af.jpg

f8_20170504112428e0d.jpg

f9_20170504112427635.jpg

f1_20170504112350b08.jpg
































スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!