KG+2017「 野村 幹太 ~ 吉田寮 」

Category : 現代美術シッタカぶり
y1_20170509193252c64.jpg

2017.04.15~05.07【 京都大学 吉田寮 】

京大の寮といえば、思い出深いエピソード。
17歳の僕が友人の友人である京大熊野寮へ遊びに行った時、
彼が引き出しから見せたものは油紙に包まれたピストルだった。
今ではそれが本物かどうかは知る由もないが、
学生運動がまだくすぶっていた頃だから…
そして円山公園のテント劇団を見て感動のあまり、
彼らと一緒に居たくて劇団員と嘘をついて寮に宿泊した18歳の僕は
無断宿泊の刑をうけるべく中庭の池に放り込まれた。

当時の京都は僕にとって「異界の楽園」だったような気がする。
吉田寮や西部講堂も楽園のシンボルとして厳然と僕の中に存在していた。
解体・新築によって様変わりした寮の奥に
今でも昭和を横目で見てきた気配が濃厚に漂っている。
住人である彼らには実に迷惑な見学だろうが、
或るスタッフは僕とほぼ一緒に見に来た中国系の一行が
無遠慮に彼らにシャッターを向けることを懸念していた。
野村さん、これほどの臨場感はないであろうほどに実にいい展示です。

野村さんのHP → http://nomurakanta.com/

y2_2017050919325124e.jpg

y3_20170509193250ece.jpg

y4_2017050919324913a.jpg

y5_2017050919324888b.jpg

y6_20170509193338eb8.jpg

y7_201705091933371e7.jpg

y8_20170509193336615.jpg

y9_20170509193335b8f.jpg

y10_20170509193334c5e.jpg

y11_20170509193403fc8.jpg

y12_20170509193402184.jpg





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!