「 柴垣 美恵 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
S1_20170524095849d69.jpg

2017.05.09~05.21【 gallery morning 】

ちょっと最近出色の “唸って言葉なし” という個展でした.
日本画というカテゴライズが
自らの作風への或る種の縛りになることと、
あくまで手法としての範疇に留めたいというお話しは
ごもっともだと思いました。
以前の“クローズアップされた人格の様相”から
“同じ目的を持った人たち”の
喜々とした飄々とした善男善女たちの
「山々への憧憬」というものが、
実にリアルに迫ってくるんですね。
渦巻く雲、まるで息づくような稜線、山頂への道のり、
それらのパノラマのような描写の中に、
やはり出自である日本画の“良きテイスト”が反映されていて、
鑑賞者を作家の世界に誘(いざな)うのです。
シーンの切り取り方、配置、色彩、構成、
すべてに柴垣さんの“達観された見立て”というものを
じわじわと感じるのです。

S2_20170524095848193.jpg

S3_2017052409584774b.jpg

S4_2017052409584675b.jpg

S5_20170524095845e5f.jpg

S6_20170524095915289.jpg

S7_2017052409591451a.jpg
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!