「 あるがままで続けていくために ~ 日置 瑤子 個展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
h1_20170527081547f01.jpg

2017.05.16~05.21【 galerie 16 】

ステートメントが実に論文的だなぁと、思ったら、
美術研究者なんだとわかりました。
というのは個展(初だそうです)をされる方が
京都大学大学院博士課程に在学というプロフィールはかなりレアです。
で、この個展では究極的な「では作品とは何であるか」を
あくまで「カンバスという美術の制度」の中で
展開・提示してみせようとされています。
画布を切り交互に編まれた支持体の“面差し”は、
絶妙な壁との距離感も相まって、
そこには肯定も否定もない淡々とした空気が流れています。
ポロックやリヒターを越えた先へと向かおうとする日置さんの目論みは
まだ始まったばかりですが、
僕にはむしろフォンタナの先進性や求道的なスタンス、
カンバスに空間を生み出した劇的な方向へシフトしているような気もします。
実際の作家さんは実に茶目っ気たっぷりなフシギさんで
僕のファッションにかなり興味を持たれていました笑。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村


h2_20170527081546daa.jpg

h3_201705270815450f0.jpg

h4_20170527081545c4c.jpg

h5_20170527081544832.jpg

h7_2017052708162996a.jpg

h6_20170527081628305.jpg

h8_2017052708162737e.jpg

h9_201705270816268b4.jpg



























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!