「 山本 雄教 展 ~ ×××円の人 」

Category : 現代美術シッタカぶり
y1_201705270825196a6.jpg

2017.05.16~05.28【 ギャラリー恵風 1F 】

山本さんは過去にも様々な手法とアプローチで続々と新作を発表、
加えてグループ展にも積極的に参加されて、
僕の知る限りこれほど精力的に
(とは言えご本人は実に淡々とされてるんですが)
活動されている作家さんは他にありません。
巨大な紙幣の作品で知られる山本さんは
一円硬貨のフロッタージュによって或る種のダブルミーニングを
これらの作品に提示されてきたと僕は解釈しているのですが、
これは山本さんの表現手段の一端であり
もはや完全に「山本画法」として認知されています。
そしてテーマ。
どんどんと深化していってますね。
よく使われるモチーフである米粒、
そして一円玉も最小単位の象徴として表され、
アナログ(触感)とデジタル(数値)の近似値を示しながら、
行く末を暗示させるような強いメッセージ性を読み取ることができます。
益々この人から目が話せません。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

y2_2017052708251872b.jpg

y3_20170527082516d50.jpg






























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!