「 OVER THE IAMAS ~ イアマスを超えて 」②

Category : 現代美術シッタカぶり
y1_20170528082636d34.jpg

山本 美里
2017.05.09~05.14【 galerie 16 】

改めて、情報科学芸術大学院大学(通称IAMAS)なんですが、
岐阜は大垣にあります。
過去にレビューさせていただいた卒業生の作家さんで言うと
八嶋有司さん、小濱史雄さんがおられます。

さてもうひと方の女性、山本さんの作品。
かなり私小説的なインスタレーションと言えますが、
これは現在、物理的距離をおいた母娘の、
過去に共有した時間をそれぞれの主観に基づいたモノローグに沿って、
それぞれの年齢の“共有された引き出し”による、
或る種の普遍的な解釈、もっと言えば
「産んだひと」と「産まれてきたひと」との厳然とある“しきり=ボーダー”、
かつバタ臭い「勘違い的」な記憶の不確かさ、
思い込みを「壁に作り込まれた引き出し」という装置で表現したものと
シッタカぶります。
僕が好きなのは娘の入院と見舞い、
母の当時の心境との、複雑な交錯でした。
なんだかグッとくるんですね、これが。

ご主人の転勤で北海道で住むことになる30代の母と9歳の娘。
その娘の入院というアクシデントにもたがわず、
同級生たちが折り鶴を持ってお見舞いに来ます。
母は「娘にこれほどの友だちができてたなんて…」と。
そして自分にはまだ友だちができない、という不安と落胆。
大人はもっと要領よく動けるはず、という不文律は実は社会的には逆であったりします。
子どもって(いろんな意味で)スゴいですよね、やっぱり。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

y2_20170528082635bd9.jpg

y3_20170528082634a7c.jpg

y4_20170528082633fb4.jpg

y5_20170528082632b5f.jpg

y6_20170528082718c01.jpg

y7_20170528082717525.jpg

y8_20170528082716eb0.jpg

y9_20170528082715348.jpg





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!