「 今岡 一穂 展 〜 いつくしの宮 」

Category : 現代美術シッタカぶり
い1

2017.06.13〜06.18【 Art Space - MEISEI 】

今、自分が成すべきこととは何なのか、と。
昨年の山種美術館日本画アワード入選、堂島リバーアワード入選、
日吉大社の大絵馬の原画制作、不動明王の復元プロジェクトの参加、
銀座での初個展、そして京都での個展……
仕事をしながらこれだけ精力的に制作されている今岡さんの
スタンスそのものが冒頭の一文を思い起させるのです。

成安で地域学を学うちに地元である和泉市に伝わる
小栗判官を題材に描こうと思った今岡さんが画家としての裏付けや史実の背景を、
自らが赴き探り、知り、いわば机上の着想ではない
真摯な向き合い方から生まれたものです。
現代的な面差しの女性たち(ん、カラコンも?)を見ていると、
史話が“コミック化される過程”に於いて、
今岡さんという未知の画力を秘めた若き作家が日本画の手法によって
リリカルに描き出した感があります。
今後益々注目の作家さんです。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

い2

い3

い4

い5

い6

い7


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!