「 アンキャッチャブル・ストーリー 」②牛島光太郎さんの巻

Category : 現代美術シッタカぶり
う1

2017.06.11~07.17【 瑞雲庵 】

この展覧会のキーワードは「言葉とストーリー」です。例えばですが道路に落ちている長靴や手袋(定番アイテム)を目撃することで生じる「ここに至る成り立ち」をじっと想像してみます。で、匿名性の極めて高いそれらに一体「何」があったのか、牛島さんは膨大な「拾い物コレクション」に或る言葉をマッチングさせることで「それら」を立ち上がらせます。(時として鑑賞者が自分自身が“喪失”した物品を展示会場で見つけるというハプニングも)刺繍で語られる言葉たちは、どちらかというと今まで話しにくかったエピソードを孕み、一針一針縫っていく時間と思い返す時間とがシンクロし見事なまでの情緒性を醸し出します。二階には無数の古着がカットされ繋ぎ合わされています。そもそも捨てても惜しく無い古着にハサミを入れる時の微かな痛み、それもまた「無音の言葉」となって鑑賞者にフィードバックします。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

う2

う3

う4

う5

う6

う7

う8

う9

う10























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!