「 アンキャッチャブル・ストーリー 」③ 田中秀介さんの巻

Category : 現代美術シッタカぶり
T1_201707160856563a8.jpg

2017.06.11~07.17【 瑞雲庵 】

絵は自覚的に描く、というと当たり前じゃないか、と。しかしながら、その「自覚の物差し」の妙がまさしく「よその絵」とは違う大きな手掛かりになります。田中さんの絵を見て「?」と思われる方は少なからずいらっしゃると思いますが、見ているうちに鑑賞者の感覚が変化していくことに気付くはずです。当事者である田中さんが「何をどう見ているか」という尺度がそのまま描かれた対象にかなり“忠実”に反映されています。これは画家である「私」と描かれている「あなた・モノ・光景」との一瞬ではあるが濃密な関係を表しています。会場には22点の新作が展示。先のPARCでの個展が3月ですから…あっぱれな描きっぷりです。田中さん曰く「そこはかなり大事なところ」と。直感的な対象との距離感、ですね。さて、キュレーターの武本さんが言う「捨てられた過去=牛島作品 → 私がそこに要る現在=田中作品 → 未知なる未来への展開=阿児作品」という見事な時系列による三者への見立ては、そのまま「彼らの目でこの世界を見たい」と言う願望に他なりません。会期はまだ17日まで。絶対見て損はしませんよ。素敵な会場と共にどうぞ。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

T2_20170716085655514.jpg

T3_2017071608565466d.jpg

T4_20170716085653428.jpg

T5_20170716085652a5f.jpg

T6_201707160857331fb.jpg

T7_20170716085732152.jpg

T8_20170716085731a75.jpg

T9_201707160857308cd.jpg

T1_201707160856563a8.jpg

































スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!