「 林 葵衣 ~ 声の痕跡/Traces of voice 」

Category : 現代美術シッタカぶり
H1_20170721115700449.jpg

2017.07.08~07.16【 KUNST ARZT 】

林さんが演劇というものと関わりを持つという“情報”は、僕にとって「大きな結びつきが今新しい関係性を以て立ち上がったんだ」という感銘に近いものを得ました。現代美術と演劇という常套なアプローチではありますが、両者の良き摩擦は演出家、美術家双方に相当な刺激をもたらすと考えています。稽古も含めた舞台裏を見る美術家と、その美術家のエッセンスをとことん台本に落としながら、美術家のアイデアそのものをも、和田ながらさんという長けた演出家がどうやって「したため」の等身大スケールとして劇表現に反映させるか。これは単に器用な美術家が演劇に関わったのではなく(その逆でもなく)口語表現としての記録、あるいは口腔構造としての美術的表現という相互的、相乗的な効果や劇創作に関わる身体性というものに和田さんが着目していたという話です。劇空間に於いて単なる「舞台装置に納まらない意志」の提示というもの、です。口紅によって作家とその父との会話が支持体に記録されたり音読がタブローそのものになること、その関わりと費やした時間をこうして表出されることへの、極自然な成り行きもまた人生の機微そのもののような気もします。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

H2_20170721115659afc.jpg

H3_20170721115658ba2.jpg

H4_201707211156564f4.jpg

H5_20170721115655b98.jpg

H6_201707211157411a5.jpg

H7_2017072111574044f.jpg

H8_20170721115739fe3.jpg

H9_20170721115738185.jpg

H10_20170721115737494.jpg


























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!