「 近藤 洋平 ~ whereabouts 」

Category : 現代美術シッタカぶり
k1_2017072112020487a.jpg

2017.07.04~07.16【 Gallery PARC 】

2014年から毎年取り組んでいるコンペティションである「 Gallery PARC Art Competition 2017 」に応募の31のプランから採択された3つのプランのトップが近藤さんの展示。プランであるということは作品そのものの“出来映え・見せ方”はあくまで作者に委ねることになるから、やはり熟考を経て厳正に審査すると想像します。しかしもう一方で“プラン”であることは同時に直感的な喚起がどれだけ促されるかということでもあると、さらに想像したりします。ステンレス、鉄、コンクリート、トレーシングペーパーといった極めて素材感の高い要素のみで構成された展示は、他でもない作者の「もの派」への畏敬や憧憬の産物ではあるのですが、そこは1984年生まれの、建築を学んでこられた近藤さんならではの解釈、組み立て方があります。これも穿った見方ですが、建築という「用」と「造形(デザイン)」の折り合いの付け方=モノと空間の関係性が潜在的に作品に反映されています。広重の通り雨を連想させるステンレスの刺さる様な雨筋や、鉄板の厚みだけで水の動きを表現した作品など全体に「てらい」のない好感度の高い展示と感じました。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

k2_20170721120203b80.jpg

k3_20170721120202d14.jpg

k4_201707211202013a5.jpg

k5_20170721120200748.jpg

k6_20170721120239740.jpg

k7_20170721120237bbf.jpg

k8_20170721120237ba6.jpg

k9_20170721120236bee.jpg































スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!