「 余白の人たち ~ さかい はるか 」

Category : 現代美術シッタカぶり
s1_20170911090153569.jpg

2017.08.18~08.27【 gallery morning kyoto 】

前回の「吊革の森」で酒井さん(今回から表記がひらがなに)は、日々の“前段取りと後段取り”を、一見すると淡いパステルの中でささやかに訴求し、どこかで平静を保とうとする自分を、これもささやかに鼓舞するような作品という印象がありました。毎日見る通勤電車の吊革という存在に自らを投影しているような。そして今回。やはり、さかいさんは日々の中に見る刹那や暗澹をうねうねと泳ぐ様、瑣末なストレス、声の無い嘆息、吐息のような諦め、誰かさんの揶揄、匿名な言葉、微細なざわめきを、どうせなら「変な踊りを踊りながら軽やかにかわしましょう(ステートメントより)」というセンテンスで、何ともご陽気に「情動」というちょっと思いワードを、さかいさんの訳で表現しました。シミから生まれた無名のダンサーたちはゆらゆらとケセラセラと舞いながらカンバスから手招きしています。オールオーバーな構成は時として作者の手癖のようなものが出てしまい、どこかでバランスをとろうとします。さかいさんは無数のドローイングを重ねることによって自分の手から乖離し“ひとり歩き”するカタチを愛でているようです。

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

s2_20170911090151b18.jpg

s3_201709110901507c8.jpg

s4_20170911090149a06.jpg

s5_2017091109014842f.jpg

s6_20170911090233291.jpg

s7_20170911090231759.jpg

s8_20170911090230ccc.jpg

s9_201709110902294ee.jpg







スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!