櫻井 類 個展 ~ つぶら/不思議なそのとおり

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

櫻井1

2018.06.26~07.07
【 galerie 16 】

昨年見た個展は
僕にとって
初見の櫻井作品だったんですが
相当にショックを受けまして、ええ。
その時に感じた
正直な人という印象は
やはり
奔放な踊るような
筆致と肌合いを
見るにつけ
思い出されてきます。

印象的なのは
DMのビジュアルが
自宅のベランダに
“干して”ある作品なんですね。
この辺のエピソードは
会場にも居らした
奥様から
いろいろと。

徹夜で描かれている
櫻井さんの手の筆先が当たる音が
ゴンゴンと聞こえるという話も
直情的な画家というよりは
向き合うベクトルの
並々ならぬ濃さのようなものを
感じます。

そして何よりも
支持体とは
そう定義づけされた物体ではなく
作者が“つくる”ものであり
または
作者が“つくらない”ものでも
あるのかなと
思わせるフリーフォームな
櫻井スタイルです。

木枠はカンバスを離れて
解放され
もはや或る
コンポジションとして
全体の中に存在する。
あるいは
カットされペーストされた
色彩面が
吊るされることで
テンションからも
自由になり、かつ
彫刻的になる。

「画家とは
何でも自由にカンバスに描ける
“だけの”覚悟を持ったひとである」という
前回個展への
勝手ながらの一文は
我ながら好きなフレーズです。

http://picbear.online/tag/るいさく


櫻井2

櫻井3

櫻井4

櫻井5

櫻井6

櫻井7

櫻井8

櫻井9

櫻井10

櫻井11

櫻井12





















スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!