FC2ブログ

立見 祐一 絵画展

Category : 現代美術シッタカぶり
立見祐一1

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村

2018.09.18~09.30
【 GALLERY TOMO 】

まだ見ぬ風景
それを風景と呼ぶには
あまりに壮大で
むしろ
畏怖の念を抱かせる。

立見さんのタイムラインを見て
ジュノー(木星探査機)から
送られてきた画像に
強烈に触発されたという
過程を経て
現在の作風があることが
よく理解できます。

つまり
ここからは僕の私感ですが
もはや
そこはあらぬ力と
宇宙の創造主の気まぐれな
制作物なのではないかと
思わせる絵図なんですね。

ステートメントにある
「人がつくっていない美」を
支持体上でつくろうとすれば
「現象」を “利用” することになる。
そこに着目する作家は
多く存在します。
立見さんもそのひとりでしょう。

7年半ぶりという個展。
素材の選び方
時間の捉え方
表情の作り方
そして
意志 ≒ 手の届かない
偶発との出会い。
しかし
どこにも
最終的に“作品として”
落とし込まねばならない
ジレンマはあるでしょう。
であれば
むしろ作家のセンスが
物言う作風かも。

今後どのような展開になるかは
今知る由もありませんが
壁一面を覆い尽くすほどの
「爆発的な現象の力」を
見せつけて欲しいなと
勝手なリクエストを。

立見祐一2

立見祐一3

立見祐一4

立見祐一5

立見祐一6

立見祐一7

立見祐一8

立見祐一9










スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!