FC2ブログ

真下 星花 個展 | しぼりたてのひとくちめ

Category : 現代美術シッタカぶり
真下星花1

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

2018.11.13~11.18
【 KUNST ARZT 】
害獣を害獣たらしめているのは
他ならぬ人間であることは
自明の理なんですが
そのことに想いを行き届かせるには
長いスパンがあって
現状に至ったという経過を
大局的にどこまで受け入れられるかに
よります。

つまり頭ではわかっているけど、
ということです。

このバカでかいクマは
現実的なサイズだそうです。
こんなのに追っかけられたら ひとたまりもなく
男性諸君の
股間のナップザックも
多分縮みあがるでしょう。



股間といえば
ではないですが
真下さんは
ズバリ「精子」をテーマに
制作されている作家さんです。
ですから巨大クマが
捕まえているのは
これまた藁の精子です。

精子の競争原理というのが
或る切なさや
健気さをもって
語られるのは
そこに生命の重さや
愛おしさ
儚さを感じるからに
他なりません。

都市の生活圏内に
下りてくるクマ
躍起になって
尻尾を振りながら
突進する精子

「クマ」と「精子」

僕の中では
見事に
鮭の遡上にも似た
精子たちの奮闘と
それに
食らいつくヒグマが
重なるのです。

奥の部屋で トントンと走り回る
「ぴゅーたん」という
精子彫刻は
ぜひギャラリーで
ご覧になってください。
会期中に
さらに増殖するとのことです!

真下星花2

真下星花3

真下星花4

真下星花5

真下星花6

真下星花7

真下星花8

真下星花9

真下星花10





























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!