FC2ブログ

毒の輪郭をさがす | 安枝 知美 個展

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

2018.11.03~11.18
【 GALLERY SUUJIN 】

性善説に則って
計ろうとすると
裏切られることが
ままあるので
どちらかというと
人の負の部分から
基準値を設けようとするのは
決して間違いではないと
思います。

昨今の“彼ら”の
不始末の顛末
なんだか
理性や良識といったものが
そんなものは
元から無いのだ と
言うに等しいことばかりで。

でも あの気持ちも
確かにわかるし
皆が持っているものです。

もしかしたら
欲と悪という種から
生まれた人間が
何らかの啓示によって
人として目覚めていったのかな
とか。

安枝さんは
人物画というカテゴリーから
離れて
“当然なる嫌悪”から生まれる不穏を
人の顔という
とんでもない
情報量の
モチーフを借りて
(でもマスクではない)
その概念を表象し
さらに
概念として
抽象化しているのかな

そんな風に思います。

安枝さんとお話させていただき
ふと出てきた
父親との確執は
僕の人生の中でも
かなりスペシャルで
暗澹たるエピソードは
枚挙にいとま無し。

嫌悪の種類は
違えど
ご迷惑かもしれませんが
妙に共感。

絵画を通じて
人ゆえの嫌悪
人たる毒性を
検証しているのかな。
まるで哲学新書のような
タイトルにも
惹かれました。

安枝知美1
安枝知美2
安枝知美3
安枝知美4
安枝知美5
安枝知美6
安枝知美7
安枝知美8
安枝知美9
安枝知美10
安枝知美11
安枝知美12

安枝知美1

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

2018.11.03~11.18
【 GALLERY SUUJIN 】

性善説に則って
計ろうとすると
裏切られることが
ままあるので
どちらかというと
人の負の部分から
基準値を設けようとするのは
決して間違いではないと
思います。

昨今の“彼ら”の
不始末の顛末
なんだか
理性や
良識といったものが
そんなものは
元から無いのだ と
言うに等しいことばかりで。
でも あの気持ちも
確かにわかるし
皆が持っているものです。

もしかしたら
欲と悪という種から
生まれた人間が
何らかの啓示によって
人として目覚めていったのかな
とか。

安枝さんは
人物画というカテゴリーから
離れて
“当然なる嫌悪”から生まれる不穏を
人の顔という
とんでもない情報量の
モチーフを借りて
(でもマスクではない)
その概念を表象し
さらに
概念として
抽象化しているのかな

そんな風に思います。

安枝さんとお話させていただき
ふと出てきた
父親との確執は
僕の人生の中でも
かなりスペシャルで
暗澹たるエピソードは
枚挙にいとま無し。

嫌悪の種類は違えど
ご迷惑かもしれませんが
妙に共感。

絵画を通じて
人ゆえの嫌悪
人たる毒性を
検証しているのかな。

まるで哲学新書のような
タイトルにも
惹かれました。

安枝知美2

安枝知美3

安枝知美4

安枝知美5

安枝知美6

安枝知美7

安枝知美8

安枝知美9

安枝知美10

安枝知美11

安枝知美12
















































































スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!