FC2ブログ

何処か 私に 似ている | 宮岡 俊夫 EXHIBITION

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

宮岡俊夫1

2018.11.20~11.25
【 KUNST ARZT 】

不思議なことですが
宮岡さんの絵は
新しく見る度に
どんどん僕に近づいてくる。
つまり 絵の成り立ちを知ることで
描かれる対象との
気持ち良い乖離を
ぐんぐん
楽しめるようになったんですね。

これはうまく言葉では
説明できないのですが
そもそも絵の対象として
存在しているわけではない
風景の画像
いや
それ以前の代物を
しかも
上下逆にして
描くという
驚きの発想そのものを
宮岡さんと共に
楽しんでいる感さえある。

実は全く おこがましいんだけど。

画家は
そこに特定の
価値感を持ち込まず
むしろ
匿名性に“富んだ” 風景画像だからこそ
なんですね。
そこから更にコラージュを施し
完成されたものから
建築物や樹木、
遠くの山々を
色相として抽出して
今度は要素を情報に変換していく。
いや変換というか
自動筆記的あるいは
無感覚にトレースしてるのかな。
そしてコラージュされた余白さえも
支持体を覆う“絵”として
しっかりとそこに塗り込められます。
これも宮岡さんの肝に なりますね。
画家に当然のようにある
強い自我や
濃い自意識というものが
ここにあるとすれば
それが前述の
「絶対ルール」なんですね。

僕にはやがてルールそのものが
気持ちよく心地良く
ゲシュタルト崩壊していき
気が付けば
風景の匂いや質感を
ごく当たり前に受けとめている。

やっぱり 不思議な絵です。

宮岡俊夫2

宮岡俊夫3

宮岡俊夫4

宮岡俊夫5

宮岡俊夫6

宮岡俊夫7

宮岡俊夫8











スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!