FC2ブログ

see the same thing | 石田 小榛

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

石田小榛1

2018.11.27~12.02
【 KUNST ARZT 】

現在は
京都精華大学大学院
版画領域に籍を置く
石田さんですが
卒制での白い原寸大の
ゴミ箱と室外機が
眼の奥の方に
強く記憶されていました。

さて
石田さんはあくまで
写真制作の手立ての一環として
原寸立体をつくられています。
写真という手段は
ファインダーを覗き
シャッターされることで
半ば“強制的自動的”に
写真という“結果”へと
誘導させますが
“その前とその後(時々途中も)”に
いわゆる作家性を
反映させる (その意味でも
版画という括りは
正解なのかもしれません)
表現方法です。

現場の“或るモノ”が
原寸大で白いオブジェとなって
フォーカスされて
立体物として可視化される瞬間は
写真にとっての
「リアルの一端」を見る思いです。

今回もパイロンが
抜け出てきます。
立体造形が専門ではない
石田さんだからこその
捉え方や解釈の仕方が
やはり大きな肝になりますね。

風景のどこを視ているのか
不特定多数の視点の中から
“こちら側 ≒ 現実空間”へ
コラージュされた物体は
写真そのものが内包している
“意識の喚起”を
可能性として秘めている
そんな感じを受けました。

石田小榛2

石田小榛3

石田小榛4

石田小榛5

石田小榛6

石田小榛7

石田小榛8

石田小榛9

石田小榛10

石田小榛11























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!