FC2ブログ

眺望をつむぐ | 越田 博文 展

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

越田博文2

2018.12.11~12.22
【 galerie 16 】

越田さんの作品との
最初の出会いは
もう9年前になりますね。

画像をソフトによって
ドローイングデータとして変換
手描きで忠実に再現したものと
さらにアプリケーションで
RGB値を読み取り
楽曲として再生させるという
実に手の込んだ作品でした。

「抽出と解析」の
印象が強かった
越田さんの作品が
こんなにも
エモーショナルに
変化していくとは
思いもよらず。

越田さんは白に
重きを置いています。
作品を見てわかるのは
煙るように
霧のように
雲のように
蒸気のように
立ち上る白です。

比較的薄い絵具なので
乾くまでに
かつての数倍の時間を要すことで
長いスパンの制作期間と
なりました。

浄化される風景のシズル
その印象は
特に
白と青が際立つ作品に
見受けられます。
越田さんは
絵画によって
見た事も無い環境を
展示壁面から
拡散させています。

或る形を支持体に
置いていくというのではなく
直感的に遠近を
捉えた感じにも見えます。

遠目に見る
白の絶妙な配分と
近くで見る
多くの色の多重構造と効果が
鑑賞者に豊かな光景を
共有させるのです。

越田博文3

越田博文4

越田博文5

越田博文6

越田博文7

越田博文8

越田博文9

越田博文10

越田博文11

越田博文12




























にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

越田博文1

2018.12.11~12.22 【 galerie 16 】 越田さんの作品との 最初の出会いは もう9年前になりますね。 画像をソフトによって ドローイングデータとして変換 手描きで忠実に再現したものと さらにアプリケーションで RGB値を読み取り 楽曲として再生させるという 実に手の込んだ作品でした。 「抽出と解析」の 印象が強かった 越田さんの作品が こんなにも エモーショナルに 変化していくとは 思いもよらず。 越田さんは白に 重きを置いています。 作品を見てわかるのは 煙るように 霧のように 雲のように 蒸気のように 立ち上る白です。 比較的薄い絵具なので 乾くまでに かつての数倍の時間を要すことで 長いスパンの制作期間と なりました。 浄化される風景のシズル その印象は 特に 白と青が際立つ作品に 見受けられます。 越田さんは絵画によって 見た事も無い環境を 展示壁面から 拡散させています。 或る形を支持体に 置いていくというのではなく 直感的に遠近を 捉えた感じにも見えます。 遠目に見る 白の絶妙な配分と 近くで見る 多くの色の多重構造と効果が 鑑賞者に豊かな光景を 共有させるのです。

越田博文2

越田博文3

越田博文4

越田博文5

越田博文6

越田博文7

越田博文8

越田博文9

越田博文10

越田博文11

越田博文12
























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!