FC2ブログ

ホン・ジョンピョ個展 | The Matter of Concern to Me

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

ホン・ジョンピョ0

2018.11.10~12.29の金・土のみ
日~木は事前アポイントにて
【 HRD FINE ART 】

韓国ソウルの弘益大学で
彫刻を学び
韓国国内で制作活動を
されている作家は
考えます。

例えば作家が注目を浴びる
きっかけとなった
レジン彫刻のシリーズ
(ぶらさがった黄色い袋の画像)
で言えば
レジンという素材への
エコの観点からの風当たりが
段々と強くなっている現状や
また海外での発表にかかる
壊れやすさやサイズなどへの
“配慮や考慮”は
そのまま
「創造的造形」に際しての
制約や縛りになってはいまいか。

レジンの作品を見て
そこに相当に高精度な技術が
見てとれるのは
当然なのですが
解説文にある
「内なる創作衝動と社会的要請との
間で揺れ動きながら…」という
一節は全ての作家作品に
普遍的なテーマでもあると。


作家は
考えるわけです。

ならば
がっちりと金属でホールドされた
アクリルキューブの中に
鏡と電球を入れて
何のことわりもなく
輸送し
展示しよう。
そしてこの展示を終えたら
再びここから輸送して
韓国で展示してみよう。

当然
中身は破壊され
“作品として”変容しますが
作家は指ひとつ触れていない。

作家の憂鬱やジレンマを
とてもわかりやすい形で
逆手にとったものですが
ことさらに
キャプションで
説明しません。

このままの状態の面白さを
率直に見てくれたらという
思いもあるからです。

彫刻家、造形作家は
或る時に
「水平」をとることを
余儀なくされる場合があります。

しかし水平とは
こうして厳然と
存在するものですよね、
という
あっけらかんとした示唆。

この作品をビジュアルにしたDMで
一気にソワソワした
シッタカでした。

実に面白いです。

ホン・ジョンピョ1

ホン・ジョンピョ2

ホン・ジョンピョ3

ホン・ジョンピョ4

ホン・ジョンピョ5

ホン・ジョンピョ6

ホン・ジョンピョ7

ホン・ジョンピョ9












スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!