FC2ブログ

松井 沙都子 個展 | モデルハウス

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

松井沙都子9

2018.12.15~12.24
【 京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA 】

不特定多数のユーザー(あるいは未満)が
来訪するモデルハウスに存在するものとは
まぎれもなく
“最大公約数的居住空間”だと思います。

プレーン過ぎてもゴージャスでも
受け入れられない不思議な空間は
おそらくはユーザー(あるいは未満)が
“そこに居る”ことを (いじわるく言えば)
無駄に想定しているとも言えます。

ここにオプションとしての
理想的生活空間を想定するわけです。
帰り道で考えるんですね
「私たちにとって 身の丈って何だろうね」とか。


さて、ステートメントに
とても明解な一文が。

「かつて抽象画が具象から
エッセンスを抽出したように (中略)
抽象的な「家」を成立させることを
試みます」

会場に足を踏み入れた瞬間に
鑑賞者から
“ストイックに造作を
値踏みしている”お客さんに
変容する自分を感じたりして

この感覚は
松井さんならではのものです。
そこでの視点の揺れや
いわゆる「建材」を
ステレオタイプな造形に
作り込むことで
“らしきもの”という
抽象性が如実に現れ
「家具的造形物」は
他に類を見ない
希有なインスタレーションとして
成立するわけです。

整合性と抽象性の
対なる不思議さが
ここにあります。

松井沙都子1

松井沙都子2

松井沙都子3

松井沙都子4

松井沙都子5

松井沙都子6

松井沙都子7

松井沙都子8



























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!