FC2ブログ

momentary epic | 山城 優摩

Category : 現代美術シッタカぶり
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ
にほんブログ村
↑ポチっと、がウレシイ!

山城優摩1

2018.12.15~12.24
【 la galerie 】

作家と作品を繋ぐ
着想のスケール感というものを
改めて考えました。

ART OSAKAで拝見して
紹介ギャラリーの多さに
本来ならば記すべき
コメントを割愛させていただき
画像のみでアップした
山城作品。

茨木での個展で
ぜひお話しを伺いたいと。

僕は
このラインそのものに
ガンダム世代独特の造形観を
映していたんですが
全く違っていたんですね。

これは「公園」なんですね。
ゲーム空間の中で
高い自由度で動き回る「自身」を
公園の中に転置し
俯瞰するという
或る意味で
ランドスケープ的な視点から
制作されたもので
冒頭のスケール感というのは
小さな視点を拡大させることと
大きな視点を縮尺することの
面白さを考えたということで
勝手な見立ては
嬉しい誤解であったわけです。

この作品は
マスターからFRPに型取りしたもので
特にエッジ“のみ”で構成されていると
言ってもよいほどに
そこが肝になるために
相当な神経を使われるとのこと。

しかも型は廃棄されるために
一点ものなんですね。
ここに山城さんの考える
「身体性」の反映が
大きく関わりながら
タイトルの
「瞬間の叙事詩」とも
繋がってきます。

正面の大作は
絵画を見る上での
「生理的反応」としての
視点の移動を意識したもので
鑑賞者は
自らの感覚を大いに
遊ばせることで
作品の理解に
導かれていきます。

出身地である茨木での個展。
いい街であるからこその
地元愛。
羨ましい限りです。

山城優摩2

山城優摩3

山城優摩4

山城優摩5

山城優摩6

山城優摩7

山城優摩8

山城優摩9

山城優摩10



























スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

ナミキ・キヨタカ

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
ゆらゆらと過ごしております。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
facebookもよろしくです。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!