着ると脱ぐの間にあるもの…「 カムフラージュ イエロー 野田涼美 」

Category : 現代美術シッタカぶり
11月16日→11月21日【GALLERY はねうさぎ】

着ることは脱ぐこと。
乱暴な言い方だがいかがだろうか。
野田さんのHPはとてもオシャレで、なんだか楽しい色に満ちていて
それでいてとても文化的である。
その文化的な香りはどこから来るのかと考えていたら、
各人個別な志向によって多様化される“着る行為”が
常に裸であるという人間の原初にきっかけを持っていること、
いつもそこに帰結するのでは、ということに思い至るのである。

楽しい作品、例えば「カワイイ」作品と“見える”ものは
実は野田さんにとっては「あなたのカワイイはその程度」と
あしらいながら尺度を計るものさしのようにも見える。
HPで野田さんの作品を見ていると、
明快でヴィヴィッドな服飾文化への野田さんなりのアプローチが
見て取れて、痛快ですらある。

身につけるものは機能性だけで全てが完結するわけではない。
そこに個人の好み、もっと言えばイデオロギーをそこはかとなく
反映することによって、無言でライフスタイルを
無差別に全方位的に提示する役割も担っている。
だからこそ文化的背景や社会的動向への敏感な反応と
立脚した視座というものが、作り手にも求められる。

衣装として成立するためには「見る人と見られる人」二人がいなければならない、と
野田さんは言う。
単純なことだが片方が裸で片方が服と着ているという図は
脱衣場ぐらいしか思い浮かばない。
だから「見る側と見られる側は常に相対的で気付かぬうちに入れ替わる」というのは
当たり前のことながら、ちょっとコワい気もするのである。

CIMG4104.jpg

CIMG4101.jpg

CIMG4098.jpg

CIMG4094.jpg

CIMG4102_20101121083208.jpg

会場は黄色一色。
大阪の問屋で仕入れたという、どこにでもあるラッピングテープ。
見れば「for you」と連続的にプリントされている。
やや粗く織られたテープに建築の測量で使うナイロン糸が楽しい。
どちらも確かにチープだが
それぞれに着るためにある素材ではない。(しかし洗濯できるという“利点”がある)
会場に来た観客はこれら作品である帽子や鞄、ベストなどを“着て”記念写真に収まる。
その時ふと「そもそも着ること、とは何か」などと自身に問うてしまいそうになる。
「消費期限」のタッグが無数につけられた作品。
「母」の字が折り込まれた手袋。
そのいずれも機能性にはことごとく欠けるのだが
手に取る人にあるメッセージを囁きかけるのだ。

「人はなぜ衣服を着用するのか、脱ぐとそこに何があるのか考えていた時
モンゴルの遊牧民が羊の皮をくるりと剥ぎ取るのを見て、
人はこの瞬間の為にー脱ぐために衣服を着ているのだと思った。
包みを開いてもそこには何も無い、つまりグニャグニャの何も語らない裸があるのみ」
野田さんのこんなコメントの向こう側に、
遊牧民と羊文化を調査したり、モンゴル語を学ぶというフィールドワークや
好きではない三島由紀夫に対して、その理由を知りたくて
片っ端から三島の著作を読むなどの行為に
自らを“解く”ために躊躇せずに向かう野田さんを見る思いがする。

実際お会いしても第一印象はバイタリティに溢れた“率直”な方という印象であった。
野田さんはこれからも「着る」ことへの深い考察と検証を続けていかれるだろう。
スマートなHPを見ながらそんなことを思った。

※全くの余談だが会場に貼られた衣装をつけた記念写真の中に
先日コントラダンスのWSでご一緒させていただいた方が映っていてその話を言うと、
なんと彼女こそ関西を代表する現代アートコレクターの田中恒子さんだった。
僕はもう完全にダンス好きなおばちゃん対応で終始接していただけに
こんなブログをしていながら不勉強だったことを反省した。
田中さん何か失礼あったらお許しを(笑)


野田さんのHPはこちら!

http://www.suzuminoda.com/

にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ

↑ポチッとくれたらありがたき幸せ♪



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!