観劇のち十三。

Category : パフォーマンス見聞
24日はスクエアの「マンガマン」大阪公演千秋楽。
ABCホールはほぼ満席。
初めて見る、この劇団の人気の高さを知らなかった。
開演前の客席の熱気というか期待熱というのか…

阪本麻紀さんが素晴らしい客演。
頭の隅で「受け取る芝居」というのを考えていた。
これから東京公演が始まりネタバレになるので、この辺で…
後ほどシッタカブリアンで…。

桜宮の展覧会あとは天神橋筋、
国立国際美術館の後は梅田、
サントリーミュージアムの後は京橋、
心斎橋の個展の後は道頓堀…と
大阪に出て(大袈裟な)目的完遂の後は
ほぼ100%、飲み食いモードに。
今回のテーマ、というか標的は十三駅ガード下。

同じような店構えの大衆居酒屋の中でも
すでに5時にして満席、その名も「吾菜場(アナバ)」。
常連さんが
ここのケバいママさんにやんわり追い出されて席確保。
ありがとうございます…。
満杯のホールをニキビ顔の中国人の女子とママの二人で切り盛り…
カウンターの客が訊く「何時まで働いてるの?」
「午後2時から午前1時までダヨ…11時間、11時間ダヨ!」

串カツ6本セット(なぜか1本多かった)
出し巻(至って正当派)
いか玉焼き(けっこう大きい)
わかさぎフライ(カリカリ)
鶏のタレ焼き(ギトくなくマヨと合う)
鰻の蒲焼き(タレたっぷりで柔らか)
揚げちくわ(素揚げなので味付け自由)
湯豆腐(オリジナル出汁に浸したぶっかけ版)
カルビ焼肉(肉も食べねば)
サーモン造り(大きな切り身で脂のってる)
おでん6つ(出しが絶妙)
エイヒレ(やわらかくて香りも最高)
あとは思い出せない…
とにかくどれも量が多い!
一品メニューで480円越えるのはあったか無いかというほど安い。

酒もしっかり胃袋に。
ビール→酎ハイ→ハイボール→日本酒熱燗と一通りいく。

以上二人で…ってまだ夜7時前…あわわ。
阪急で帰って初めて行く烏丸駅地下の「コトチカ」。
相変わらず行列なドーナツ店。
成城石井で、初めてみる缶コロナを購入。
さっそく家で呑む。
たしかにコロナだ(当たり前)。

チャンポンシャッフルで翌日はさすがに胃がモタれたが
十三駅下の飲み屋は
半端無く、安くて旨くて量が多い、と言う事無し!
飲み食いは大阪だなぁとつくづく実感。
体重計は例によってパス。



↑ありゃ…しっかり「アナバ」が映ってる…


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 



スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!