ミッシェル・ペトルチアーニがくれた贈り物。

Category : MUSIC
今日はペトルチアーニが生まれた日。
存命であれば48歳という若さ。
彼が亡くなって早11年。
遺伝的疾病である骨形成不全症を患いながら
類い稀なるジャズ・ピアニストとして
その名声は世界に知れ渡っている。
その情感、そのリリカルでちょっとスィートな響き、
しかしアタックは力強く、表情豊か。

「 Marcus Miller & Michel Petrucciani / Dreyfus Night in Paris 」は
1994年パリでのライブ。
マーカス・ミラー、ケニー・ギャレット、
ビレリ・ラグレーン、レニー・ホワイトというゴージャスなメンバーと
ペトルチアーニとの競演は鳥肌もの。
ペトルチアーニはマイルスへのリスペクトに際して
いろいろ取り上げているが、中でも
「TUTU」のギャレットのサックスは聴きものだ。
ともかくも、これはペトルチアーニがマーカスらを率いたもんじゃないのか、
とさえ思うほどに素晴らしい。

いつ聴いてもカラダが踊る、ココロが浮き立つ
そんな曲が「Looking Up」。
気分が落込んでいる時、なんだかうまくいかない時、
思い出したようにこの曲を聴く。

音楽が与えてくれる喜びは、
それを伝える人が自らの生きる喜びを音楽に見いだせてこそ
実感として聴こえてくるものだ。
この曲を聴く時、ペトルチアーニは天使となって
聴く人の上を舞っているに違いない。

↓これはスタジオ録音。映像が素敵なのでアップしました。


↓マーカスたちとの熱いライヴはこちら!



↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!