見なきゃいいのに。

Category : 浮世の「うっ!」
いつ頃から、こうして画面の向こうで
タレントらがガツガツ物を食べる
バラエティが当たり前になってきたんだろう。
子供を好きで5人も持って、言う事が
「これでお腹いっぱいにしないと」とは…
笑えない冗談である。
芸人だか何だか知らないが
切実さは別なところで売ってきてくれ。

食べるためにゲームがある。
罰ゲームで食べられそうにもないものを無理矢理食べさせる。
高級寿司を食べている横でうらやましそうに
彼らの目がそれに食い付く。
ああ、見ていておぞましい。

最低な店。
バカデカい天丼、バカデカいハンバーグ、バカデカいタイヤキ、
山盛りザーサイのラーメン…
最低な店の店主はやはり欠乏した想像力の持ち主のような顔。
店をやるのも、そんなバカメニューを食べるのも客の勝手だが
取材してくる局というもののセンスまで最低にならなくてもよかろう。
スタジオで安物タレントが驚く。
バラエティに物申すほどバカげた事は、そりゃ無いとは思うが
僕が嫌なのは「なんだかフジがやりそうだなぁそのままキャンペーン」。
「小児ガンに冒され8歳で亡くなった少女が同じ病気で苦しんでいる世界の友達のために
早く治療法を見つけて欲しいと願いを込めて売り始めたレモネード。
“その意志に心打たれた番組メンバー”がアレックスと同じ小児ガンと闘う日本の子供たちの
ためにお台場でレモネードスタンドをオープン!
抽選で1000組2000名様に限定でレモネードを販売します!
(サイトより原文まま。“”は筆者加筆)」

善意を番組構成ネタにしてタレントを集めてイベントを行う。
一杯100円のレモネードは完売で20万円。
集客と宣伝の為に抽選というプレミアを施し、100円のレモネードで
一般大衆に“いい事したような”気にさせといて、
ちゃっかり「フジもいいことしてるんです効果」をぎらつかせる。
どうせやるなら出演者のギャラを一回の放送分、100%寄付したらどうかね。
その為にだったらご大層な名前も冠もいいではないか。
小児ガンの治療のために、
普段はロクなコメントもできない
オバカで売ってる連中の株はうなぎのぼりだ。
ギャラには代えられない“善良な良識ある優しい心根”を持った人に見られるために
そのぐらいの代償をいとわないでどうする。
何より泣いて喜ぶのはスポンサーだ。
マシな番組づくりなど到底出来そうも無い今の制作会社や
検証能力すらゼロの局にとっても良い話ではないかな…
と、別に見なくてもいいものを見て、ため息つく
善良ぶった自分が薄く画面に写っているのである。

地デジ対策なんか要らないけど…少なくとも僕は…。




↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!