モノクロームサーカス「明倫ダンス工場」

Category : ワークショップ・朗読
通常のWSには無い(当然1.5倍の尺だもの)
スペシャルな緩さのようなものがある3時間もの。
3時間うねうねしているとぼぅっと見えてくるものがある。
ダンスのWSは苦手なストレッチから始まるのだが
それらしいものも無く、正直ホッとした。
(これだからダメなんだヮ…)

「行為」と「音楽」と「役割」。
一見食い付きのいいテーマなのだが
肉体と観念が直列に繋がっているようなダンサーたちとは違い、
どうもすんなりいかない。
ダンサーたちが秀でているのはフィジカルな
つまり骨やら肉やら筋やら丹田やらの
徹底的な自己確認は勿論だが、
僕が強く感じるのは“イメージの速成化”である。

コンテンポラリーダンスのWSは、
常にイメージを手足に伝えるギアを
内側から引っ張り出す作業がつきまとう。
ゆっくり考えるよりもすぐに動くこと。
しかし必ずしも“動く”ことがダンスではない、ということも考慮する。
そこに必然があるからカラダは動く。
この“必然”というのが実に難しい。
実感できなくても“らしい”動きはできるのだが
講師も言っているように
「伝えようとするもの、ことが必ずしも美しいとは限らない」と。

ん?
これはしげやんの言っている事とも一脈通ずる。
自分のカラダの“言葉”が聞ければ、
また自分のカラダに言葉(意志)を吹き込めば
その行為そのもので他人は充分に感動するのだ。

絵を描くように動く、っていいなぁ…
壁をカンバスに見立てて誰かがカタチをつくる。
触発でも誘発でも反発でもいいから
次の誰かがアクションする。
置きたい位置に自分を置いてみる。
これってパフォーマンスじゃないか…。
(自分じゃ見えないんだけれど)

3時間あると結構色んなことができる。
講師たちと模索もできるし、提案もできる。
(講師たちは大変だけど…)
このゆったり感はいつものWSには無いもの。

最後は音と動きと気配と役割を
“それとなく”意識しながら皆でダンス(?)する。
爽快、痛快。
発露だ、発露。

今朝顔を洗っている最中にふと、
僕は「表現を模索」しているのだと指摘してくれた
ブログを見てくれた演劇サイトの主宰者の言葉に
あの「与作」が被ってしまい、
ずっと「もさくぅ~」と歌っていた。
アタマから離れない。
舞台のリングネームは「模索」にしようか…。


こうして4時過ぎに終ったWSの3時間後は今年初の
「DANCE 4 ALL」の練習。
今夜はぐっすり眠れそうだ。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

スポンサーサイト

Comment

おつかれさまでした

wsおつかれさまでした。
すいません、全く失念していましたが、ボール&チェインで一度お話しさせていただいたことがありましたね。ダンスフォーオールもでてるんですね。

to よねさん

こちらこそ失念!でした。
ボール&チェインで…そうでした!
あそこは、ここしばらく行けてません。

トリペルは平野くんのブログに度々出てくる店名なので
覚えていたんです。

不思議なつながりですね。
今度お店に伺いますので、よろしくです。

No title

面白い再会ですよね。
平野くん、ポエトリーリーディングの講座で一緒だった以来の縁です。
はい、もしよろしければ店にも遊びにきてください。
僕は大体水土にいます。23日のダンスは僕もイベントしてていけないんですが、
盛況をお祈りしています。

トリペル
http://tripel.blog2.fc2.com/
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!