今回に限り…写真のない写真展の紹介で…「 Photo Motto 成安造形大学写真クラス 2年生グループ展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
2月8日→2月13日【 GALLERY MARONIE 4F 】

もっと

大学のグループ展や卒展が集中するこの月は
時間があればなるべく彼らの作品も見るようにしている。
何と言ったって、今をときめく作家も最初はグループ展で
何やかやと、ときめいたり、悩んだり、時には凹んだりしていたはずだ。
7人がそれぞれに、各々の方法論なり手法なり発想を
ファインダーを覗き、シャッターを押して焼き付けたものは
まぎれもなく写真なのだが、若いということは
同時にコワいもの知らずという武器も持参していることで
これを乱射されると流れ弾に当たる可能性も大だ。

さて、実は今回のレポートに写真がない。
というのも、保存したメディアであるMOが壊れたのである。
せっかく話もできたのだから、ボツにするのは忍びないし、
面白い発見だってあったのだ。
元より写真展を撮影してブログにアップすることに批判的な意見もある。
写真という手段で表現した以上、それを撮ってどうなる、という向きだ。
全くその通り…という頃合いの理由でもって
今回に限り写真はないというのは嘘で、誠にもって陳謝。
せめてDMからイメージをアップした。

まず興味をひいたのが「嫌いな人を撮る」というテーマ。
写真は嘘をつかない、と言うか言わないかは別として
明らかに被写体は父&母。
まぁ好きとか嫌いという感情よりも、ここんとこが嫌、という部分を
撮っている感じ。
シャッターを押す動機に「嫌いな」というのがあってもいいと思う。
半分無視しているが、印画紙の上でみる父は結構娘のカメラを気にしている。
母も同様だ。父の汚い(と娘が思っている)足を盗撮。
母の変顔を撮る…このモデルたちに自分たちの展覧会の告知はせず。
まさかこうして面前にさらされるとは想像だにしないだろう。

「プラモデルのバイクをいかに本物らしく撮るか」というテーマ。
もうこれはカメラのテクニックの前に
いかにバイクを丁寧に作るかという別次元の展開から始まるわけで
女子の食い付きははっきり言ってよろしくないようだ。
しかし出来映えは中々のもので、作ったバイクの台数もかなり多い。
趣味と特技が行ったり来たりしている“まごまご”さが、なんだか若々しい。

中でも面白かったのがゲーマーである作者が
ネット上の相手のハンドルネームとキャラで想定した以上のものを
スナップという“お近づき”の方法としては至ってノーマルなアプローチで
3人の対戦相手と二人オフ会をしたもの。
「○○姫」が結構車オタクの男子だったりする。
ゲーム上での人格とリアルな目の前の人物との愉快なギャップを
作者自身が一番楽しんでいるのがわかる。
もうこのやり方は「写真」という選択肢、カメラというツールしかない。
そこに僕などは関心が行くのだ。
どんな写真であるかという前にその動機付けの“不純”さが面白いのだ。
その人の断片や破片が時間を切り取ることによって現れるのがスナップならば
これなどはちゃんと双方向にドラマが生まれている。

アナログかデジタルか、あるいはフィルムかデータか、などという比較論が
写真を撮るという行為そのものにどのような影響を及ぼすのかは
門外漢の僕などにはわかるわけもないが、
確かなのは、どんな動機によってシャッターが切られたかの方が
断然、話は面白いということ。
事実そんな写真家はごまんと居るはずだ。

彼らも大学で学んでいるとは言え、
かくも深き写真の世界へ足を踏み出せば
悩めるテーマには事欠かない未来が手を広げて待っている。
撮るだけのことなら誰でもできるからこそ、の
“撮り甲斐”というものもあるはずだから…。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 


スポンサーサイト

Comment

おもしろい!!

写真がなくて残念だけど、想像をかきたてられて意外と楽しいかも
denさんの解説が想像力をかきたてられます
冒頭の両親のカメラ目線と冷静なカメラマン
これは・・・自分でも気をつけねば!!

to 93さん

今回はシッタカブリアン始まって以来の大ポカでした。
自分の愚息が大学2回生の頃を思い出しながら話を…絶対しません。
彼らとは作者と鑑賞者という立場ですから、
それなりに敬意を表してます。
ですから今回のポカは彼らにも申し訳なく思っています。
でもこんな拙文でも少しでもわかってもらえたらうれしいです。
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!