ファンキーなアニマルたちがお待ちかね…「 MEET THE ANIMALS! ホームルーム 三沢 厚彦 」

Category : 現代美術シッタカぶり
4月10日→5月22日【 京都芸術センター ギャラリー北・南 ほか 】

CIMG6033.jpg

TDLのファンは何よりもあの着ぐるみに異常なほどの親愛を抱く。
中身で汗にまみれている肉体はすでに問題ではない。
見た目、外側である。
つまるところ、僕たちは自分の持つありったけの想像力でもって
彼らを外側から受け入れ、
善人説の極みとも言える寛容さをもって接する。
勿論相手も同じ。
相手の立場で考えればホスピタリティ以外の何物でもない。
彼らの剽軽でメリハリのあるゼスチャアはその絶対条件になるし、
何よりも“生き者としての対象”を感じさせる“訓練”は欠かせない。

CIMG6025.jpg CIMG6026.jpg

CIMG6030.jpg

CIMG6031.jpg

ここにある三沢さんが作り出す動物たちは
当然ながら微動だにしない。
じっとなどしない着ぐるみと比べたら真逆なのだが
僕たちは彼らが今にも喋るんじゃないか、動くんじゃないかと
愉快な心地にゆったりと浸ることになる。
リアルとは何だろう。
例えば原寸大の像を作ろうとする時、作家が
「原寸大の動物彫刻 ≒ リアリティ」と考えても
何ひとつおかしくも間違ってもいないが、
それは本物そっくり!という(高いハードルだが)結果で収束する。
観客はそこから先へ進めなくなる。
それほどにリアルならば…。

CIMG6028.jpg

CIMG6041.jpg

CIMG6043.jpg CIMG6044.jpg

僕が言う「しゃべり出しそう」という感覚はその先のものだ。
それも僕のわかる言葉で。
着ぐるみが“進んで”キャラクターになろうとする動機も効果も
当然承知の上であれだけもてはやされるのは
特にTDLの場合などは「Welcome」意識の極みだと言ってもいい。
「来てくれたんだね!」という例のあれだ。
ここの、ノミの削り後の質感がそのまま皮膚感となっている
数々の動物たちは実に無口なのだが
ここに来ることを同じように待っているのだ。
観客と対峙した時に彼らの声は発せられ、彼らの体温が上がるのだ。
これもクスの木に宿る木霊のしわざかも知れない。
じぃーっと向かい合っていると不思議な気分になる。
この作品は一つひとつとしっかり向き合いながら
心で触れながらじっくりと見て欲しい。
彼らからほのかに漂う木の香りと微かな塗料の匂いとのブレンドは
なぜか僕に遠い昔を思い出させた。

CIMG6047.jpg CIMG6039_20110429200856.jpg


彼らに一番近づきたければ正面に立って、挨拶すればいい。
シロクマや犬やバク、鹿や猫、フクロウにいたるまで
正面の顔の表情は格別である。
見た事もない(しかもバカデカ!)ペガサスさえも
背中の羽がいつ羽ばたいてもおかしくないほどに
観客の心との距離間に親愛の情を育んでいく。
そして作品はどれも立派過ぎるほどに
たくましく自己紹介をしている。
このファンキーなデフォルメされた
動物たちにぜひ出会ってください。
命に満ちた“肉付き”のよさをアナタの目で。

CIMG6037.jpg

※尚、掲載の作品は主催者の許可を得て撮影しております。


↓ポチッとくれたらありがたき幸せ♪
にほんブログ村 美術ブログ 現代美術へ 

スポンサーサイト

Comment

No title

どこか先を見据えてる瞳がいいですね
大きなオブジェなんですね

木だからまた柔らかい優しい感じが出てますね

to 93さん

どうです。これみんなデカイです。
三沢さんは受賞もされて海外でも活躍する彫刻家さんです。
かつての小学校というシチュエーションも
彼らにぴったり合ってました。   
やっぱり木の肌合いっていいですね。
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!