テキーラサンライズ、そしてアクロス・ザ・ボーダーライン…「 荒川 望 展 」

Category : 現代美術シッタカぶり
5月31日→6月12日【 GALLERY SUZUKI 】

映画「 THE BORDER 」については所々で書き散らかしている。
悩めるジャック・ニコルソンが実にいい。
それはニコルソンならではの屈折感や暗澹とした
もやもやしたものから来る切望が
狡猾な手段でわずかに叶えられる瞬間、そのものが
僕たちを独特のメランコリックな世界へと誘うからである。
そして流れるはライ・クーダーの「 Across the Borderline 」。

↓ 今回は音付きで鑑賞してくださいませ。



三条沿いを蹴上げに向かう勾配の中、自転車を漕いで
ガラス越しに見た荒川さんの幅6mの大作は
僕にとっては行ったこともないメキシコだった。
三条にて出会うその風景。
目を瞠る色彩と大胆な構図なのに
ひとつひとつの描写が行き届いていて、
とても細やか。
そう、きちんと実に丁寧に描かれている、とでも言うのだろうか。
燃え立つ様なひなげしの花と遠くに見える水場。
陽炎が景色をちょっとだけ歪ませる。
第一印象は中々拭えない、どころか
自分の中で培養され、僕はつかの間の旅人になる。
    
            CIMG6333.jpg ←首を左に倒してご覧下さい。
        
作家が意図しない、予期しない印象が、
こうして一個の人間の感覚の扉を叩く。
これもまた妙、
これもまた醍醐味というもの。
前景浮かぶ花々がまるで手招きするように背景に引きずり込む。

ライを聴きながらテキーラサンライズ。
コロナビールでもいいな。

CIMG6341.jpg

CIMG6342.jpg

CIMG6343.jpg

CIMG6344.jpg

CIMG6345.jpg

スポンサーサイト

Comment

いいですね

音楽があると美術もまた違った感性で見れますね
コロナもいいですが、氷をカランとさせたウイスキーも合ってますね
(といいつつ私あまり飲めません)
大人の雰囲気
denさんのセンス かっこいいな~

to 93さん

コメントありがとうございます。
この中南米チックな感じは僕だけのもののようです。
作家さんも「ふーん」ってな感じでした。
音付きはSallyさんの影響大です(笑)
この作品の魅力はやはり独特の色使いです。
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!