皆様、本当にありがとうございました。

Category : 演劇ラボ 2011年夏の公演への道のり
3日間で延べ264人。
毎日のように増える当日売りのお客様。
鉾巡行とかぶる日程、交通規制、猛暑、
そして大荒れの中、お越しいただいたお客様に改めて
深く深く感謝申し上げます。

普段なら即アップされるブログも
何を書いていいのかわからなくて、
ここまできてしまった。

慚愧と後悔と無力さ…
ここ最近、いやこれほどダメージを受けたのは
いつ以来だろう…

この1年間、芝居に費やした時間を
これほどに取り戻したいと思ったことはなかった。
僕にとってハナレズのメンバーは誇りだが、
そう思うことだけで自身を安心させて納得させて、
そこで終ってしまったのではないか。
時間の割り振りも勿論、生活リズムも違う中で
一緒に稽古をしてきて、関係性を作ることに怠慢になっていたのではないか。
一緒に芝居を作るということだけの共有意識を持ち得るということは
それだけ努力をするということに他ならない。
ましてや実生活では会話が指示代名詞だらけになりつつある現状で
セリフを覚えなければ成立しない、などというのは周知のことと知りつつ、
源一郎のアーカイヴでは同じところで見事に噛む、空く、噛む、空く…
結局最後まで“句読点は無いもの”と言う柳沼氏の意向に添えずにきてしまった。

見に来ていただいたお客様の中に知り合いのご夫婦がいらして
なんと僕にご祝儀袋が…。
一番このことに驚いたのは勿論僕自身だった。
ご当人たちはすぐに帰ったということで会えず終い。
後日、ご祝儀はお返しします旨を丁重に伝える。
「何か旨いもんでも食べて思うたけど、そうか…残念やけどしかないわなぁ」
けれどこのご夫婦の心根に深く思い入り、また祝儀袋と現実のギャップに苦笑もした。
電話で話していたら「スゴい舞台やったなぁ…まるで濃縮ジュースみたいやったわぁ。
あれだけの話をあれだけの時間にまとめるなんてようやるなぁ…
大きな舞台でもっと金かけたセットでやったら、ええでぇ!」
まぁそんな時がきたら当然、源一郎は違うキャストですがね(笑)

幕が上がれば否が応でも収束までは一気に走る。
あっと言う間の2時間だ。
僕は例の「危険ゾーン」に入るところで意識し過ぎて
同じところを同じように失敗する。
だからメンバーに顔向けできなくなる…
そしてまた失敗…これの繰り返し…
どんどん俯き、どんどん塞ぎ、どんどん閉じてしまう。
こんなんで面白いわけないなぁ…と思いながら
そこをブレークスルーできないもどかしさ。
メンバーだって嫌になるな、これは…。
アンケートを見ても予想どおり、ズバリそこを指摘したものがあり、
増々ビールは苦みを増す。
芝居ってこわいなぁ…わかりきってることだろうに今さらながら思う。

公演中は朝、目が覚めるともうそこから寝られない。
4時ごろ覚めたら、もうそこからカウントダウンが始まって
ぼうっとしたアタマとダルいカラダで劇研に。
楽日には家の前でオバはんのバイクとオッさんの車の接触事故があって
ガレージから車が出せなくなって…嫌な一日のスタート…。
集合時間に遅刻。

楽日には「白無垢サプライズ」の陰野不餡子さんこと
Kさんが見えて、それにもビックリ。
劇団にとっては救世主のような人。
それと重要な小道具のちゃぶ台を提供してくださった方も
遠路はるばるお越しいただき、感謝に堪えず…。

さて、ハナレズブログには切々とダラダラと痛恨の極みを
書き綴ったが、ここは希望的に締めたい。

奇しくもアナログ終了日に57際になる。
例えでも何でもないが、僕自身は永遠にアナログでいたい。
詰まるところ“何かを賭して”やるということに
もっと真正面から対峙していかなければ
自分のした失敗を許す口実を自分で作っていて
自分で納得しているだけのことになる。
継続的なラボの参加はしないが、
今回のことは前に進む糧として真摯に受けとめていきたいと思う。
バタ臭くもがくことを恐れるな、そう自分にハッパをかけて。

ハナレズのみんな、
この劇空間に関わった全ての人、
この素晴らしい内容を提供くださった柳沼氏に
深く深く感謝いたします。


CIMG6610.jpg

思えば工作している時が楽しかったなぁ…
(写真はデン制作の小道具の紙製位牌。さずがに本物は使えなかったので…)


スポンサーサイト

Comment

お疲れ様 & 感謝!

お疲れ様でございました。
思う処 多々 お有りだと思いますが 
とにもかくにも ハナレズの芝居は完成したのです。
メンバーの皆様には た~くさんの拍手 贈るのみです。

脚本 実に 面白かったです。
含みが隠されている台詞の一つ一つ、 
全てを 演者に語らせない、
観客は台詞を聞いて 自分というフィルターと通して  
役の人物像を自身の頭の中で育てる、
そんな間合いがある 芝居に思えました。
芝居は演者だけが造るのではない、
観客も造るものだと思いました。

それぞれの演者が台詞で語る「自分像」
それは 投げかけであって 完結したものではない。
そこから 膨らませていくのは 観客なのです。

噛む、空く、それだって「味」ではないでしょうか?
実生活においての会話 
言い間違い トンチンカンな受け答え しょっちゅうでしょ?
むしろ 噛んだり テンポがずれるの 
当たり前だと思うのは 甘いでしょうか?

あっという間の2時間でした。

ラストシーン 
白無垢をまとい 楽しげに踊るような姿 素敵でした。

「息災か?」の最初の台詞
般若心経、拍手贈ります。

永遠の アナログ殿 
楽しい時間 ありがとうございました。



 


非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!