僕の「介護」が始まる。

Category : ロートル介護職員誕生
30年あまりのグラフィックデザイン業を経て、
この9月1日を以て「介護職員」という肩書きの仕事をさせてもらう。
廃業は確かに厳しく悲しく切ないものがある。
仕事部屋で年鑑本やムック、資料本などを整理処理していると
普通に寂しい感覚に持っていかれそうになる。
つき合って25年、独立前まえから懇意にしてもらった得意先に話すと
落胆されていた。
どちらにも如何ともし難い現実が立ちはだかっている。

そして昨日から僕の首には「介護職員」と書かれたカードがぶら下がっている。
もっともこれはお家芸でサクッと作った自家製のもの。
9月から新しい事業所が開設されて新体制で臨む職員の方々全員に作って差し上げた。

このブログにまた新しいカテゴリが増えてしまった。
自宅で介護をされている方、また病院や施設で介護に携わっておられる方々には
大変失礼かも知れない。そのような方には当たり前以前のことだから。
でもささやかな決意を抱いて僕は「介護」という仕事をこれからの糧にしていく。

ダメ元で申請して面接。
それも社長自らが日程を組んでくれた面接日を
ダンスの稽古の日と重なったという理由で替えていただいた。
「印象悪くしたかな…」
そんな思いを重く抱えてこれからの勤務先となる施設へ、いざ面接。
一週間後の2次面接を経て、経験値ゼロの57歳の介護職員が1名、
ここに誕生した。
だからこのブログは備忘録であり、自分自身への戒めや、励ましにもなるかな、
そして“ド”素人の自分のそれなりの思い、
ゼロからの道、希有なケースをぼそぼそ綴っていきたいな、そんな風に思う。

デザイン業から介護への転身などというものでもなく、
いつもの無謀さも手伝って(それにしても年齢的にも無謀だ)
僕はここに新しい人生のポジションを据えた。
「何故、介護?」と問う人達に、
“真っ当”に介護を仕事にされている方には不遜極まりない、
資格もなく、経験もなく、高い志を持っていたわけでもなく、
親を自宅介護したわけでもない僕が
そう、そんな僕のささやかな経験が伝わればいいな、と思っている。
面接時に管理者である女性に
「きれいな仕事をされているあなたに介護の仕事はできますか?」と
問われて改めて自分の仕事がそう思われていることを認識した。
確かにデスクの前で日がな一日、キーを叩きつつ資料を見つつ、
「蕎麦屋の出前」的スタンスでこなしてきた自分が、
まるでホログラフィーのように立ち上がってくる様が見えるようだ。
クライアントは最後まで絶対だ。
これも痛いほど知らされてきたし、幾度か無念な思いも経験した。
しかし四半世紀、自分の好きなように仕事をしてきたこともこれまた事実。
好きな時に起きて、仕事して、飲んで、寝て…迷惑も随分かけた。
そんな僕には当然盆暮れがあるわけもなく、
またそれを当たり前のように受け入れ、
自営業とはかくも自由奔放かと周囲には多大な迷惑をかけつつ、
至ってノンキに、しかし時には本気モードで鞭打って徹夜の連続で
ナチュラルハイも相当あった。それでも楽しかった。
しかし僕にとって天職であろうと思えていたこの業界での自分自身への努力が足らなかった。
いや怠ったというべきかも知れない。
そのツケが25年経った今、我が身にフィードバックしたのであろうと思う、
…ようにしている。
業界から去ったことに四の五の言っても詮無いこと。

さて、毎日同じ電車に乗って勤務先に出向くなどという経験もない僕の、
よちよちからちょこっと立ち上がり、フラフラになって凹む
そんなカテゴリができました。
「介護」という、とても比重が高い言葉。
そこに挑むオヤジ。
どこへ行っても最年長。何をやっても初体験。
僕はこれには慣れている。
というよりも鈍感になってきているのか、それとも単なるMか。

ともあれ、ぼちぼち介護日誌、お楽しみあれ。
頓挫しないことをただただ祈りつつ…祈りつつ。

スポンサーサイト

Comment

No title

え!
衝撃受けました。

転職されてもdenさんの中に蓄積されてきたものがなくなるわけちゃう。
これからもdenさん経由のアートのお話聞かせてください。
未だにアート自体はまるでわかりませんが、
表現、言葉が心地よく楽しませてくれることに、
それ以上に学ばせてくださることにわくわくここに来てた一フアンです。

新生活早々こんな茶々入れてすみません。
新生活も応援します!!
お身体に気をつけてくださいね。

to てぃー松さん

コメントいただき恐縮します。
とにかく右往左往試行錯誤支離滅裂な介護職員デビューです。
これからの動向は自分自身でも興味深い?ところではあります。
ぼちぼちと覚えていきたいです。
先はまだ長いですから…
画廊回りも今までのようにはいかないかも知れませんが
なんとか続けたいと考えてます。
これからもよろしくです!

No title

いつも楽しく拝見させていただいております。
アート、デザイン、介護、日本に足りないモノのすべてを追われていて頼もしい限りです。
ブログのますますの発展をお祈りしています、応援しています、がんばってください!
非公開コメント

58カ国語に翻訳
English
お越しいただきありがとうございます

den

………………………………………
アート・ドキュメント・ブック・
ミュージック・演劇・ダンス・
朗読・時事・ひがみ・そねみ・
やっかみ・おせっかい…
などなどシッタカぶって書きちらかしては
自己嫌悪な日々をゆらゆらと
過ごしております。
「シッタカブリアンの午睡」
「デラシネ光合成」をこのたび一本化。
言いたがり、やりたがり、ノリたがりな
のんのんとしたブログにお越しいただき
ありがとうございます。
………………………………………

ここから、また…
最近の書き散らかし…
こんなこと書いてます
こちらへもどうぞ!